情報の伝達を効率化

チャット

企業内での共有ツール

社内での伝達事項がある時、一般的にはメールや電話、社内専用の掲示板システムなどを利用するところが多いと思います。しかし最近ではチャットツールを使用する企業が増えつつあります。このようなツールを使用するメリットとは、いったい何なのでしょうか。社内チャットツールとは、社内での情報共有や伝達を目的として作られたツールです。一般的なチャットアプリのようにそれぞれがアカウントを作成し、メッセージの受信・送信などの機能を利用することができます。また、グループを作成してプロジェクトごとや部署ごとといった枠内でメッセージを送受信することも可能です。チャットツールを利用する最大のメリットは、情報の共有がとても容易である、という点でしょう。従来のメールですと、一括送信の小回りのきかなさや、メールアドレスなど個人情報漏洩のリスクがあります。チャットツールであれば同じグループ内でも相手先を指定して個別の返信ができますし、メールアドレスなどの個人情報をさらす必要もありません。また、ファイルなどをアップロードすることで、データの共有も簡単にできます。クラウドサービスを利用しているので、PC・スマホなどデバイスを問わずメッセージやデータを確認することも可能です。また、メッセージのやりとりが一目瞭然のため、打ち合わせや会議にもおすすめです。会議の場合は会話履歴を見ながら議事録を作成することも可能です。このように、さまざまなメリットがあるチャットツールは、電話やメールと合わせてぜひ導入したいものだといえるでしょう。

Copyright© 2018 社内でのやり取りを円滑にするチャットツール【多くの企業が導入】 All Rights Reserved.